マラソンが楽になる呼吸のコツを紹介!苦しいのはこれで卒業!

マラソンをしているときに、息苦しいと感じたことはありませんか?

マラソン中は、呼吸の仕方が気になってしまうことも多いでしょう。

また、走っているときの呼吸について、意識してないという方もいるかもしれません。

しかし、呼吸法をしっかりと身に付けておくと、マラソンでのパフォーマンスも向上します。

マラソン大会で良い結果を出すためにも、正しい呼吸法を身に付けておきたいところでしょう。

今回は、マラソンが楽になる呼吸のコツを紹介します。

呼吸のコツがわかれば、マラソン中の苦しさも軽減するでしょう。

楽に呼吸ができるようになれば、マラソンもより楽しくなります。

今回紹介する呼吸のコツを参考にして、マラソンに挑戦してみましょう。

マラソンが楽になる呼吸法!

マラソンでは呼吸法を意識することで、ランニングを楽にすることができます。

正しい呼吸法を身に付ければ、ランニングのパフォーマンスも一気に向上するでしょう。

それでは、マラソンが楽になる呼吸のコツを紹介します。

まず、走っているときの呼吸で大事なのはリズムです。

一定のリズムを刻んで、脚の運びと同じリズムで呼吸をするようにします。

リズムが乱れてしまうと、呼吸も安定しないでしょう。

一定のリズムを意識しながら、「吸う、吸う、吐く、吐く」という形で呼吸をしてください。

音にすると「スッ、スッ、ハッ、ハッ」となります。

これが、走るときの基本の呼吸法になるので、練習で試してみると良いでしょう。

そして、マラソンでの呼吸はペースによっても変わってきます。

ペースが遅いときは、「吸う、吸う、吸う、吸う、吐く、吐く、吐く、吐く」という呼吸の仕方が基本になります。

ペースが上がってくると自然と、「吸う、吸う、吐く、吐く」という呼吸になるでしょう。

この呼吸法は、走るときの苦しさを軽減できる呼吸法です。

しっかりと身に付けておくと、マラソンでのパフォーマンスも向上するでしょう。

また、「スッ、スッ、ハッ、ハッ」という呼吸について、あまり区切らなくても良いでしょう。

区切るように意識して呼吸する必要はなく、滑らかに繋げても構いません。

このあたりは、練習しながら自分に合う方法を見つけましょう。

呼吸では吐くことを意識しよう

マラソンで正しい呼吸法を身に付けると、走っているときの苦しさも軽減されます。

マラソンで息苦しいと感じていた方は、呼吸法によって大きくマラソンの楽しみ方も変わってくるでしょう。

マラソンで基本となる呼吸法の「吸う、吸う、吐く、吐く」ですが、さらに効果を高める呼吸のコツがあります。

それは、「吐く」ことに意識を集中することです。

マラソンは有酸素運動なので、多くの酸素を身体が欲している状態です。

そのため、酸素が欲しいからと吸うことを意識してしまいがちでしょう。

ところが、苦しくなってきたときこそ、吐くことを意識することが大切です。

しっかりと空気を吐くことができていると思っていても、実は肺の中には空気が残っている状態です。

肺の中に空気が残っていては、新鮮な酸素を取り込む効率も悪くなってしまうでしょう。

スポンサーリンク

そこで、肺の中に空気が残らないように「吐く」ことを意識して、呼吸をします。

それにより、自然と新鮮な酸素を吸うことができるでしょう。

マラソンでは苦しくなってくると、ついつい酸素を吸うことを意識してしまいます。

そういった場合でも、息を吐くことを頭にいれて呼吸してください。

これを意識するだけでも、マラソンでの呼吸が一気に楽になります。

マラソン大会で良い結果を出すためにも、息を吐くことを意識した練習をしておきましょう。

呼吸法は自然体が一番

マラソンにおいて基本となる呼吸法は、「吸う、吸う、吐く、吐く」という呼吸の仕方です。

これがベースとなる呼吸法ですが、マラソンでの呼吸法は一つではありません。

呼吸法には、向き不向きもあります。

この基本となる呼吸法を、自分が合うようにアレンジしても構いません。

まずは普段の練習で、基本となる呼吸法を行っていましょう。

自分には合わないと感じたら、基本となる呼吸法を工夫するようにします。

必ずしもこの呼吸法でないといけないわけではないので、自分に合う呼吸法を見つけてください。

また、マラソンでの呼吸で基本となるのは、鼻呼吸です。

練習でも鼻呼吸を意識して、呼吸をするようにしましょう。

鼻呼吸が辛いと感じる方は、ペースが速すぎることが考えられます。

ペースをゆっくりにして、鼻呼吸を意識したトレーニングをしてみましょう。

鼻呼吸では、鼻毛によりほこりなどを取り除いた綺麗な呼吸を体内へ取り入れることができます。

マラソンでのパフォーマンスを向上させるためには、鼻呼吸が大切です。

しかし、中にはどうしても口呼吸じゃないと呼吸がしにくいという方もいます。

こういった場合は、無理に鼻呼吸をする必要はありません。

結局は自分に合う呼吸法が一番なので、鼻呼吸ができないときは口呼吸でも良いでしょう。

ただし、鼻呼吸ができないという理由の中に、鼻づまりなどが原因の方がいます。

この場合は、まず耳鼻咽喉科などで鼻づまりを治すことを心がけましょう。

できることなら鼻呼吸をすることが理想なので、鼻呼吸ができない原因をしっかりと認識しておくことも大切です。

マラソンでの呼吸法は自然にできる呼吸が一番なので、練習で自分に合う呼吸法を見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

マラソンでの呼吸は、パフォーマンスを向上させるために重要となります。

普段から呼吸法を意識することで、効率の良い走りが期待できるでしょう。

マラソン中の呼吸法で基本となるのが、「吸う、吸う、吐く、吐く」という呼吸の仕方です。

ペースが遅い場合は、「吸う、吸う、吸う、吸う、吐く、吐く、吐く、吐く」という呼吸が基本となるでしょう。

また、マラソン中の呼吸は息をしっかりと吐くことを意識します。

肺の中の空気をしっかりと吐き出すことで、新鮮な酸素を自然と取り込めるようになるでしょう。

吐くことを意識するだけでも、マラソン中の呼吸が楽になります。

マラソンでの呼吸法は、鼻呼吸が基本となります。

しかし、鼻呼吸がどうしてもできないという方は、口呼吸でも構いません。

自分に合った呼吸法を身に付けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする