ランニングダイエットで効果を出すには週3回で5キロが目安!

ダイエットのためにと、ランニングを始める方を多く見かけます。

普段走る習慣がない方は、ダイエットのためにどれくらい走れば良いか迷ってしまうことも多いようです。

ダイエット効果を期待するために、どれくらい走るべきかは気になるところでしょう。

ランニングは、ダイエット効果がある有酸素運動です。

脂肪燃焼効果が期待できるので、痩せるためには積極的にランニングを行いたいところでしょう。

今回は、ランニングでダイエット効果を出すための走る頻度や走る距離について紹介します。

効率的にダイエットをするためには、目標とする頻度や距離を頭に入れておく必要があるでしょう。

ランニングの参考にして、ダイエットを成功させてください。

ダイエット効果を期待するなら5キロを週3回走ろう!

ランニングはダイエット効果が期待できる有酸素運動なので、継続することで痩せることが可能です。

しかし、ランニングはそれなりに走らなければ効果はありません。

どれくらいの頻度で走れば、ダイエット効果が期待できるのかは気になるところでしょう。

そこで、ダイエット効果を出すためのランニングの頻度や距離について紹介します。

結論から言うと、ダイエット効果を期待するなら週3回のペースで5キロを走ることが望ましいです。

ランニング頻度は少なすぎても、脂肪燃焼効果に繋がりにくいでしょう。

そのため、週3回はランニングをしたいところです。

さらに、ランニングはダイエットに効果のある有酸素運動ですが、脂肪燃焼には走る時間も重要となってきます。

当たり前ですが走る距離が長い分、脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。

しかし、体力に不安がある方の場合は、長い距離を走るのは辛いところがあります。

そこで、5キロという距離を目安にすることをおすすめします。

5キロのランニングは、時間にすると約30分~40分になります。

有酸素運動は運動を始めてから20分以上経って、脂肪燃焼が始まると言われています。

そのため、30分は継続した有酸素運動を行いたいところでしょう。

5キロを目安とすることで、ダイエット効果が期待できるランニングをすることができます。

脂肪燃焼効果が高まるので、痩せるためには週に3回のペースで5キロを走るようにしましょう。

走ることを習慣化させよう

週に3回のペースを目安にランニングを行うことが望ましいですが、走ることに慣れていないと長続きしないケースがあります。

最初から気負い過ぎると、三日坊主に終わってしまうことも考えられるでしょう。

そこで、最初は週に1~2回のランニングから始めても構いません。

ランニングでのダイエットで最も重要になってくるのが、走ることを習慣化させることです。

走ることが習慣化してくると、自然と走る頻度も増えてきます。

週に3回のランニングも苦にならなくなるでしょう。

特に運動不足の方の場合は、走るために筋肉が備わっていないケースがあります。

身体中が筋肉痛になってしまっては、週に3回のランニングも辛くなるでしょう。

そのため、最初はじっくりと走るための体力づくりをするという方法もあります。

スポンサーリンク

また、走る距離についても、同じ考え方ができます。

ダイエットを成功させるためには5キロという距離を目安にしたいところですが、走り慣れていない方には難しい数字です。

実際に走ってみて、5キロという距離を走るのが辛いと感じることもあるでしょう。

何とか5キロを走ることができても、週3回の頻度で走るのは辛くなります。

そうなると、ダイエットのためのランニングも長続きしないでしょう。

そこで、最初は2~3キロのランニングから始めても構いません。

慣れてきたら、徐々に距離を延ばしていきます。

最終的には、5キロを目標にランニングをすると良いでしょう。

さらにダイエット効果を高める方法

ランニングでダイエットをするなら、週3回の頻度で5キロを走ることが目標になります。

この頻度でランニングすることにより、効果的なダイエットを行うことができるでしょう。

中には、もっとダイエット効果を高めたいという方もいると思います。

そこで、ランニングのダイエット効果をさらに高める方法を紹介します。

ダイエット効果を高めるなら、ランニングだけでなく筋トレも効果的です。

筋トレによって筋肉が付いてくると、基礎代謝が上がります。

ランニングでの消費カロリーも増えるので、痩せやすい身体になるでしょう。

特に、スクワットなどの下半身を強化する筋トレがおすすめです。

走るための筋肉を付けながら、脂肪燃焼しやすい身体を手に入れることができるでしょう。

筋トレは、体重が減らなくなったと感じている方にもおすすめです。

ダイエットが順調に進み体重が落ちてくると、基礎代謝も下がってしまいます。

基礎代謝が下がることによって、ランニングを続けていても体重が落ちにくくなるでしょう。

週3回の頻度で5キロを走っていれば、最初は順調に体重が落ちていきます。

体重が落ちにくくなったときに、筋トレを取り入れてみましょう。

さらに、ランニングフォームを見直すこともダイエット効果を高めるコツになります。

背中を真っ直ぐに伸ばした正しいランニングフォームは、全身をしっかりと使えているので全身を引き締める効果が期待できるでしょう。

また、正しいランニングフォームは、膝などの故障の予防にもなります。

ランナー膝や鵞足炎などの症状に悩まされないためにも、正しいランニングフォームを意識したランニングを行いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ランニングはダイエット効果が期待できる有酸素運動で、継続することがダイエット成功の鍵となるでしょう。

ダイエット効果を期待するなら、ランニングは週3回の頻度で5キロは走るようにしてください。

ただし、走ることが習慣になっていない方は、週に1~2回から始めても構いません。

走ることが習慣になれば、楽にランニングが継続できるので徐々に回数を増やすようにしましょう。

また、走る距離についても、運動不足の方は5キロという距離が辛く感じます。

最初は2~3キロを走って、走るための筋肉をつけるのも良いでしょう。

慣れてきたら、徐々に距離を延ばすようにします。

最終的には、週3回の頻度で5キロを走ることを目標にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする