マラソン大会で雨の日の服装どうしてる?

今年は本当に雨が多いですね。

マラソン大会に出場予定の人は、

当日の天気って気になりますよね?

もし、雨だった場合の時の対処法って

皆さん何か考えていますか?

当日万全の状態で走るためにも、

雨の日の大会への準備をしっかりと

しておくことをおすすめします。

天候によってどんな影響があるの?

マラソン大会当日の天気って、

ランナーにとってとても重要です。

誰でも晴れ晴れとした中を走るほうが

断然力が発揮されますよね?

雨 マラソン

でも残念ながら雨の場合は、

何に気を付ければいいのでしょうか?

まず心配なのは濡れることによって

身体が冷えてしまうことです。

筋肉が硬直して普段の好ペースを

維持するのが難しくなります。

またレース前の冷えから回復しようと

序盤からハイペースになってしまい、

ペース配分のバランスが崩れがちに…。

さらに小雨でも目に入って視界を

遮りますし、もちろん濡れますので

靴も服も重く感じてしまいます。

路面も滑りやすくなりますよね!

このように雨によって色んな

弊害が出てきちゃうんですよね。

これらの問題に対処するためには、

どのような方法があるのでしょうか?

雨の日に最適な服装って?

雨でも快適に走るためには、

どんな格好が一番良いのでしょうか?

スポンサーリンク

まずは体を冷えから守るために、

おすすめのグッズがあります。

100円均一にあるレイングッズや

ゴミ袋を使った自作のポンチョです!

濡れるのを防ぐために活用しましょう。

レインコート

ただしフード付のものはフードに

水が溜まりやすいのでクリップで

とめるなどの対策を忘れずに!

ウインドブレーカーはだめなの?と

思われた方も多いでしょう。

マラソン大会ではゼッケンをつける

ことが圧倒的に多いですよね?

ウインドブレーカーだとそれが邪魔で

暑くなったときに脱ぎにくいのです。

できるだけ避けたほうがいいでしょう!

つぎに靴が濡れるのも気持ち悪いので、

ビニール袋を筒状にしてふくらはぎに

巻きつけると少しは効果があるようです!

また雨によって視界が遮られると

メンタル面でもマイナスですよね?

そういうときはサングラスを付けたり、

つば付きの帽子を被ったりすると

クリアな視界を持続できるでしょう。

やっぱり全体的に身に着ける物は、

水を吸水しにくいものがベストです。

特に靴下などには綿素材は避けて、

ポリエステル素材などを選びましょう!

このようなグッズを利用して、

各自で濡れないような服装を

創意工夫する必要がありそうですね!

ワセリンが大活躍?意外な効果とは?

服装のほかにも雨のマラソン大会で

役立つものが実はあります!

それは皮膚を保護する“ワセリン”です。

ワセリン

皆さんも近くのドラッグストアなどで

見かけたことがあると思います!

ワセリンが雨の日のマラソン大会で、

どんな働きをすると思いますか?

実はこれを冷えやすい部分に塗ると、

保温効果が生まれます!

肌が露出している部分はもちろん、

お腹などに塗るのもいいでしょう。

さらに雨の日に長時間走ることによって、

乾燥による摩擦で足に負担が掛ります!

そこでワセリンを塗ることによって、

その摩擦が軽減されて足への負担が

格段に減るので本当におすすめです!

練習で足にまめなどができている人も

塗ると保護してくれますよ。

本当にワセリンは大活躍しますよ!

価格もお手頃で手に入りやすいので

活用してみてはいかがでしょうか?

雨の日のマラソンにメリットはある?

寒い冬の前はマラソンを走ることに、

メリットはとても少ないでしょう。

でも、暑い夏のだとどうでしょう?

雨が降ることによって体が冷やされ、

とっても快適に走ることができます!

真夏に心配される熱中症や脱水などを

防げる温度になりとっても快適です♪

また長距離を走るのに大切なのが

マラソンのポイントでもある呼吸です。

雨が降ると湿度は当然上がります。

乾燥した空気を吸わなくていいので、

脱水症状を防ぐこともできますよ!

雨は季節によってメリットにも

デメリットにもなり得ますね。

どんなコンディションでもベストな

走りができるように準備しましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする