ランニング後のストレッチで膝の痛みを予防!効果的なストレッチとは?

日々のランニングでは、身体のケアが非常に大切です。

ランニングは膝への負担も大きい運動なので、ストレッチなどを行って怪我の予防が重要となるでしょう。

準備運動やストレッチなどを怠っていると、ランナー膝や鵞足炎などの症状の原因となってしまいます。

ランナー膝や鵞足炎などの症状に悩まされると、ランニングを楽しむ余裕もなくなってしまいます。

ランニングを楽しむためにも、ストレッチをして身体のケアに努める必要があるでしょう。

今回は、怪我を予防するために重要となるランニング後のストレッチについて説明します。

ランニングに効果的なストレッチを知っておくと、怪我に悩まされずにランニングを継続することができます。

ランニングを健康的に行うためにも、今回紹介するストレッチ方法を参考にしてください。

ランニング後のストレッチの効果


BEST3_pc_article出典;ビギナー必見! プロが教えるランニング前にストレッチしたいパーツBEST3

ランニング後のストレッチは、怪我の予防にもなるので非常に大切です。

ランニング後のストレッチの具体的な効果について頭に入れておくと、より効果の高いストレッチを行うことができるでしょう。

ランニング後にストレッチをする大きな理由は、筋肉の疲労回復です。

運動後の筋肉は凝り固まってしまって、血流が悪くなっている状態です。

そこで、ストレッチを行って筋肉をほぐせば、血流を良くして疲労回復をすることができるでしょう。

筋肉に疲労が蓄積すると、怪我の原因となってしまいます。

特に、ランナーの方はランナー膝や鵞足炎などの膝の故障に悩まされるケースがあります。

そのため、ランニング後にはしっかりと筋肉をほぐすようにストレッチを行ってください。

また、ストレッチは筋肉の疲労物質を取り除いてくれる効果もあるので、筋肉痛を軽減させてくれる役割もあります。

初心者の方の場合はランニングに必要な筋肉が付いていないため、筋肉痛にも悩まされるケースが多いでしょう。

しかし、ランニング後にストレッチを行えば、筋肉痛の痛みを軽減することができるでしょう。

毎日のランニングだけでなくストレッチも怠らないようにして、身体のケアに努めてください。

ランニング後に効くストレッチ方法

ランニング後のストレッチは、怪我の予防や疲労回復に役立ちます。

ストレッチが重要だとわかっても、具体的にどのようなストレッチをしたらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、ランニング後に効くおすすめのストレッチ方法を紹介します。

初心者のランナーの方にもおすすめのストレッチとなっているので、是非参考にしてみてください。

ランニングで一番使用した太もも前のストレッチ

mig
出典;寝ながら始められる「太もも痩せ」ストレッチ法

ランニング後のストレッチにおいて、最も重要となるのが太もも前のストレッチです。

なぜならランニングでは、太もも前の筋肉を一番使用しているからです。

最も疲労が蓄積している部分の筋肉なので、必ずストレッチで筋肉をほぐすようにしてください。

スポンサーリンク

それでは、具体的な太もも前のストレッチ方法を紹介します。

まずは、床に両脚を伸ばして座ります。

そして、ストレッチをしたい方の膝を曲げて、お尻の横まで脚を持ってきてください。

その状態から、少しずつ体重を後ろに乗せて身体を反らすようにします。

余裕があるなら限界まで身体を反らして、最終的には床に背中が付いても構いません。

痛みが強い場合には、無理をする必要はありません。

無理のない範囲で、慎重にストレッチを行ってください。

太もも前の筋肉は、ランニングでも疲労が蓄積しやすい部分です。

特に、初心者ランナーの場合は太もも前の筋肉が痛むケースも多いでしょう。

ランニング後には、太もも前の筋肉を入念にストレッチしてください。

ハムストリングのストレッチ

main_FullSizeRender_6
出典;ハムストリング(太もも裏)を正しいストレッチで伸ばそう!

ランニングでは、太ももの後ろにあるハムストリングという部分も疲労が蓄積しています。

走るという動作にとても重要な部分なので、入念なストレッチが必要でしょう。

それでは、ハムストリングのストレッチ方法を紹介します。

まずは、太もも前のストレッチと同様に両脚を伸ばして床に座ります。

片脚を曲げて、伸ばしている脚の入れ四の字にします。

伸ばしている脚とは逆の手で、つま先をつかみましょう。

手がつま先に届かない場合は、膝を曲げても構いません。

急なハムストリングのストレッチは危険なので、ゆっくりと行うようにしましょう。

ランニングでも重要となるお尻のストレッチ

DSC_1364
出典;おしりストレッチで腰痛・肩こり解消! 4つのシーン別8つの方法

次に紹介するのは、お尻のストレッチです。

初心者ランナーの場合、お尻のストレッチまで意識することは少ないでしょう。

ランニングにおいては、お尻のストレッチも重要となります。

お尻は太ももの筋肉とも繋がっているので、梁氏に影響する大事な部分です。

紹介するお尻のストレッチも、積極的に行いましょう。

まずは、床に座って脚を伸ばし、片方の脚を膝の上に乗せるようにします。

背筋を真っ直ぐに伸ばしながら、状態を前に傾けてください。

脚に力を入れないようにリラックスしながら、呼吸をしてストレッチしましょう。

ランニング後のストレッチでの注意点

stretching-muscles-579122_1920-1
出典;ランニングの前にストレッチは不要?適切なタイミングでケガを防止しよう

ランニング後のストレッチは、筋肉の疲労回復ができるのでおすすめです。

しかし、ストレッチでも注意点はあります。

ランニングでは運動により筋肉に負荷がかかっていますが、実はストレッチでも負荷はかかっています。

そのため、過度なストレッチは、逆に筋肉を傷めてしまう可能性があるでしょう。

筋肉の疲労を回復したいという気持ちは大切ですが、やりすぎは禁物です。

ストレッチは短時間でも十分に効果がありますので、過度なストレッチに注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ランニング後のストレッチは筋肉をほぐして血流を良くするので、筋肉の疲労回復に役立ちます。

筋肉痛の痛みを軽減することもできるので、ランニング後は積極的にストレッチを行いましょう。

ランニングでは、太ももの筋肉に普段がかかっている状態です。

太ももの前の筋肉や太ももの後ろにあるハムストリングを入念にストレッチしましょう。

また、ランニングではお尻の筋肉も重要になってきます。

お尻の筋肉は、太ももにも繋がっている部分なので、お尻の筋肉もほぐすようにしましょう。

ストレッチでも、筋肉には負荷がかかっています。

そのため、ストレッチのやりすぎには注意してください。

ランニング後は短時間でも構わないので、慎重にストレッチを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする