朝のランニングは体に悪い?メリット&デメリットを紹介!

ランニングは、健康のために行いたい運動に一つです。

仕事終わりに走る時間が無い方は、早朝にランニングを行っているケースも多いでしょう。

早朝のランニングは爽快感もあり、リラックスして仕事に向かうことができます。

早朝にランニングを行うことで、一日を集中して過ごすことができるでしょう。

ランニングは行う時間によって、メリットとデメリットがあります。

早朝に行うランニングもメリットやデメリットがそれぞれあるので、頭に入れておく必要があるでしょう。

今回は、早朝のランニングが身体に及ぼす影響について説明します。

メリットとデメリットをしっかりと把握しておけば、早朝のランニングもより効果的に行うことができるでしょう。

今回紹介する情報を参考にして、毎日のランニングに役立ててください。

早朝のランニングは身体に悪いの?

健康のためにと、早朝にランニングを行っている方も多いでしょう。

何となく早朝の方が、健康にも良い影響を与えてくれそうだと感じます。

仕事終わりに走る時間が無い方も、早朝にランニングをしているでしょう。

健康に良さそうな早朝のランニングですが、実は健康に悪いという情報もあります。

早朝のランニングが身体に悪いと言われているのは、心筋梗塞や脳梗塞のリスクがあるからです。

朝起きてからは血液がドロドロになっている状態で、そのまま走ると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるでしょう。

実際に早朝のランニング中に心筋梗塞で突然死した方もいるので、そのリスクは無視できません。

これが、早朝のランニングが身体に悪いと言われている要因です。

そのため、早朝のランニングをする際は、走る前に水分をしっかりと補給することが大切です。

睡眠中に水分が失われることによって血液がドロドロになってしまいますが、朝起きてから水分を補給することでリスクが軽減するでしょう。

早朝のランニングで心筋梗塞により突然死した方もいますが、リスクを頭に入れておけばある程度回避することができます。

朝起きてからは血液がドロドロの状態になってしまっていることを意識して、水分をしっかりと補給するようにしましょう。

早朝のランニングのメリットとデメリット

朝起きてからのランニングでは、血液がドロドロの状態で心筋梗塞のリスクがあります。

しかし、早朝のランニングはデメリットしかないわけではありません。

早朝のランニングによるメリットもあるので、今回はメリットとデメリットの両方を紹介します。

【メリット】ダイエット効果や精神面への良い影響

まず、早朝ランニングのメリットについてです。

早朝ランニングのメリットは、何と言っても脂肪燃焼効果が高い点です。

つまり、ダイエット効果を期待するなら早朝のランニングがおすすめでしょう。

早朝のランニングを行うと体温も上がり、一日の基礎代謝も向上させてくれます。

一日の消費カロリーが増えるので、脂肪燃焼効果も高まるでしょう。

早朝のランニングは、夜のランニングよりも短時間で脂肪を燃焼させることができます。

ダイエット効率が良くなるので、ダイエットをしたい方は早朝のランニングがおすすめです。

また、早朝のランニングは精神面にも良い影響を与えてくれます。

早朝のランニングによって日光を浴びると、セロトニンが分泌されます。

セロトニンが分泌されることによって、イライラや落ち込みが解消するでしょう。

さらに、体内時計や自律神経系が整って、睡眠が深くなる効果も期待できます。

精神面に非常に良い影響を与えるので、健康への効果も高いでしょう。

早朝のランニングは、精神面から健康になれるというメリットがあります。

【デメリット】心筋梗塞のリスクや筋肉への負担

次に、早朝ランニングのデメリットについて紹介します。

早朝のランニングはメリットだけではないので、デメリットもしっかりと頭に入れておきましょう。

まずは、前述のとおり、朝の血液がドロドロな状態で走ることにより心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まります。

このあたりは、大きなデメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

また、早朝のランニングは筋肉にも負担が大きいというデメリットがあります。

起きたばかりだとまだ筋肉が固まっている状態なので、関節や筋肉を痛めてしまうことがあります。

ランナー膝や鵞足炎などの怪我の原因となってしまうでしょう。

そのため、早朝のランニングを行うときはウォーミングアップにも時間をかける必要があります。

いきなり走り始めるのではなく、入念にウォーミングアップを行ってください。

それにより、筋肉への負担も軽減し、ランニングを楽しむことができるでしょう。

早朝ランニングで気を付けたいこと

早朝のランニングでは、メリットもデメリットもあります。

健康面のデメリットもあるので、早朝のランニングを行う際は注意しておく必要があるでしょう。

早朝のランニングは、起床後すぐに行うのは避けた方が賢明です。

起床後1時間は経過してから、ランニングを行うようにしましょう。

さらに、水分をしっかりと補給しておくことも大切です。

起床後は血液がドロドロになっている状態なので、水分を補給してランニングをすると良いでしょう。

そして、起床後は筋肉が固まっているので、時間をかけてウォーミングアップをするようにします。

起床後はすぐに走り始めるのではなく、時間をかけてウォーミングアップをすることによって筋肉をほぐすようにしましょう。

早朝のランニングではデメリットもありますが、水分補給やウォーミングアップなどの対策をすることができます。

早朝のランニングが自分に合っているという方は、これらのことに気を付けてランニングを楽しみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

早朝のランニングは、健康に悪いと言われることもあります。

それは、起床後は血液がドロドロの状態になっていて、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まっているからでしょう。

そのため、早朝のランニングをする前には、しっかりと水分を補給をしておく必要があります。

しかし、早朝のランニングではデメリットしかないわけではありません。

脂肪燃焼効果や精神面へ良い影響を与えてくれるというメリットがあります。

ダイエット効果が高まるのは早朝のランニングなので、痩せたいという方は早朝のランニングがおすすめでしょう。

早朝のランニングには、メリットとデメリットがあるのでそれぞれを頭に入れて、ランニングを楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする