ハーフマラソン大会前日の過ごし方!練習や食事法を紹介!

マラソン大会で良い結果を出すためには、前日の過ごし方や食事も気を配る必要があります。

ハーフマラソンなどの大会では、フルマラソンとは違った調整方法になってくるでしょう。

ハーフマラソンはフルマラソンの半分の距離なので、初心者でも比較的完走しやすくなっています。

普段の練習でもハーフマラソンを同じ距離を走っているランナーも多く見かけるでしょう。

ハーフマラソン大会で良いパフォーマンスを発揮するために、前日の過ごし方なども工夫も必要になってきます。

今回は、ハーフマラソン大会前日の過ごし方や練習、食事方法について紹介します。

良い成績を残すためには、当日だけでなく前日から気を付ける必要があるので、紹介する過ごし方などを参考にして調整してください。

ハーフマラソン大会前日におすすめの過ごし方

ハーフマラソン大会では、フルマラソン同様に前日の過ごし方が重要になってきます。

前日の過ごし方によっても、当日のパフォーマンスに影響が出るでしょう。

折角、大会のために練習してきたので、ベストコンディションで挑みたいところです。

そこで、ハーフマラソン大会前日におすすめしたい過ごし方を紹介します。

音楽や読書でリラックス

ハーフマラソン大会当日は、体力を消耗します。

そのため、前日に疲れを残すわけにはいきません。

そこで、身体をしっかりと休めて、当日に備えることをおすすめします。

リラックス効果があり、身体を休めることができる音楽鑑賞や読書がおすすめです。

ハーフマラソン大会前日は、不安になり練習をしたいという気持ちになります。

しかし、練習で疲労を残すことは避けたいので、極力練習は控えましょう。

音楽鑑賞や読書は、ハーフマラソン大会への不安も忘れさせてくれます。

マラソンとは別のことを考えることで、気持ちも落ち着いてくるでしょう。

音楽鑑賞や読書をしながら、身体に疲れを残さないよう意識して過ごしてください。

ストレッチをして当日に備える

ハーフマラソン大会前日には、ストレッチをしておくことも大切です。

膝などの怪我を予防すたうめにも、筋肉を柔らかくしておく必要があるでしょう。

ストレッチは、お風呂上りにすると効果的です。

下半身だけでなく、上半身もストレッチして全身をほぐすようにしてください。

ただし、ストレッチは注意も必要です。

ストレッチでは収縮している筋肉を伸ばしているのですが、やりすぎると逆効果になってしまいます。

ストレッチでも筋肉に負荷をかけている状態なので、やりすぎると筋肉に疲労が溜まってしまうでしょう。

大会当日にパフォーマンスが低下してしまう恐れがあります。

ストレッチを行う際は無理のない範囲で行い、回数も少なめにしてください。

当日の持ち物をチェック

ハーフマラソン大会前日は、持ち物の確認もしておきたいところです。

大会では着替えや飲み物など、意外と持って行くものは多いです。

ハーフマラソン大会での必需品を忘れてしまうと、良い成績を残すことはできません。

そこで、大会前日には持ち物のチェックもしておきましょう。

大会当日の朝に準備すると、忘れ物の原因になってしまいます。

必ず、前日に準備をするようにしてください。

大会の場所の更衣室なども確認しておく必要があります。

更衣室の有無によっても、当日の服装が変わってくるでしょう。

大会で良い結果を残すためにも、前日から持ち物の確認をしておいてください。

ハーフマラソン大会前日の練習方法

大会前日は、練習をしないと不安だという方も多いでしょう。

基本的には身体を休めることが大切ですが、不安をかかえたままでは良い結果を残すことはできません。

そこで、大会前日でも練習をしたいという方のために、ハーフマラソン大会前日の練習方法について説明します。

大会前日でも、疲れを残さなければ練習は可能です。

そのため、軽めの練習で身体を動かすことは問題ないでしょう。

大会前日の場合は、20~30分のジョグをしても大丈夫です。

この程度のランニングなら、疲れを残すことはありません。

身体を動かすことで、多少不安もなくなるでしょう。

スポンサーリンク

また、レース本番を想定したスピードで1kmだけ走るという方法もあります。

1kmだけなら疲れが残ることもないので、大会前日にはおすすめでしょう。

ただし、身体の疲れについては個人差もあります。

前日の調整方法もそれぞれなので、あくまで参考にしながら自分に合う調整方法を見つけてください。

大会前日の食事ではカーボローディングを意識する

ハーフマラソン大会の当日に、エネルギー切れを起こさないためにも食事に注意する必要があります。

前日にしっかりとエネルギーを補給しておかないと、大会当日に良いパフォーマンスを発揮できないでしょう。

そこで、炭水化物を摂取してエネルギーを蓄えるカーボローディングがおすすめです。

主にパスタなどの炭水化物を食べると、エネルギー切れの心配も少なくなるでしょう。

ただし、カーボローディングを意識しすぎて、食べ過ぎには注意してください。

カーボローディングはたくさん食べるということではなく、炭水化物の比率を大きくするということです。

カーボローディングを勘違いして、前日に炭水化物を食べ過ぎてしまう方を見かけます。

食べ過ぎは胃に負担がかかり、大会当日に腹痛などの原因になってしまいます。

カーボローディングは基本的に大会1~2週間前から意識したい食事方法です。

ハーフマラソン大会までの食事を上手く計画して、ベストなコンディションを維持しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ハーフマラソン大会で良い結果を残すためには、前日の過ごし方なども重要になってきます。

大会前日は、とにかく疲れを残さないことが大切です。

そのため、音楽鑑賞や読書など身体を休めながら、リラックスさせることが望ましいでしょう。

また、大会当日に向けて、持ち物のチェックもしておく必要があります。

大会当日の朝にバタバタしないよう、前日に準備しておくことが大切でしょう。

忘れ物をしてしまうと良い結果は残せないので、持ち物のチェックもしておいてください。

大会前日は、軽めの練習ならしても構いません。

どうしても不安だという方は、20~30分のジョグや1km走を行うと良いでしょう。

あくまでも疲れを残さないことが大前提なので、走りすぎに注意してください。

前日の食事はカーボローディングを意識して、パスタなどの炭水化物がおすすめです。

食べすぎには十分注意しながら、必要なエネルギーを蓄えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする