ジョギング・マラソン用ウェアをユニクロ・GUで格好良く揃えるコツは?

ジョギングを始めたいけど、どんなウェアがよいのか迷っているあなたへ。

今回はそんなあなたのための記事です。

とりあえず、家にあるTシャツとパンツで始める。

それも選択肢の一つでしょう。

しかし、本格的にジョギングをしたいから、きちんとしたウェアを着たい。

でも、高い。

こんな悩みを持つ方もいるでしょう。

しかし…

おすすめのブランド、あります!

それは「ユニクロ」

こう聞くと、「え~、ユニクロ?」って思うかもしれません。

しかし、ユニクロ製品の品質の高さは誰もが認めるところです。

もちろんジョギングなどのスポーツウェアも当てはまります。

そこで、ユニクロで買えるジョギング用ウェアを紹介しましょう。

ジョギング用シャツ

ジョギングに向いたシャツに「エアリズム」という製品があります。

特長はまず、極細の繊維を使っているので、肌触りが軽くて心地よいことがあります。

また、汗をすぐに乾かす・消臭抗菌機能を持っている点も注目です。

男性用・女性用がありますが、シンプルな無地の半袖なので、女性でも男性用を購入する方もいます。

これだけの機能がありながら1枚約1,000円で販売しています。

これはぜひおすすめしたい商品です。

「エアリズム」に関してはコチラの記事でも紹介しているのでご覧ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓

メンズ必見!ジョギングウェアでオシャレな物をチョイスしました!

防寒対策の注意点

さて、暑い時期ならエアリズムがあれば問題ありませんが、寒い時期にジョギングをする場合は防寒対策が必要です。

スポンサーリンク

ユニクロで防寒といえば、誰しも「ヒートテック」を思い浮かべると思います。

半袖のエアリズムの下に長袖のヒートテックを着る。

これでよいのでは、と思う方も多いでしょう。

しかし、これはおすすめできません。

その理由はヒートテックの素材にあります。

ヒートテックの素材に25%ほどレーヨンが含まれています。

レーヨンが含まれていると、肌触りがよくなるという利点があります。

その一方吸水性が高く、乾くのが遅いという欠点があります。

この「乾くのが遅い」という点がジョギングには不向きと言えます。

なぜなら、汗を多くかくと汗冷えを起こし、体温の低下につながるからです。

ジョギングだけでなく、汗を多くかくスポーツではヒートテックは着ない方がよいです。

防寒対策にはレーヨンを含まないシャツを選びましょう。

ジョギング用パンツ

では、次はパンツの話に移ります。

ユニクロのジョギング用パンツに「ドライショートパンツ」があります。

こちらもエアリズム同様、汗を素早く乾かす機能があり、常にさらっとした感触をキープできます。

ウエストは平ゴムでしっかりとフィットしながらも、ストレスを感じさせない履き心地になっています。

ユニクロて?AIR ismとト?ライハーフハ?ンツを買ってきた!の動画

ただ、ドライショートパンツは男性用しか販売していません。

デザインはシンプルなので女性も履くことはできると思います。

しかし、やっぱり女性用の方がいい…、という方は、次に紹介する「GU」のスポーツレギンスはいかがでしょうか。

GUとは?

「GU」とはユニクロと同じファーストリテイリングが100%出資している子会社です。

分かりやすくいうと、ユニクロと兄弟の会社です。

ユニクロとGUの最も大きな違いはターゲットにしている客層です。

GUは10代後半から30代前半の女性をメインターゲットにしています。

一方、ユニクロは老若男女を問わず、すべての方がターゲットです。

あと、GUは若い人向けなので品質を犠牲にして価格を安くしています。

また、デザインも若い人向けになっています。

ユニクロはGUと比べると品質も価格も上ということになります。

ユニクロとGUで十分!

機能のわりに価格が安いユニクロと、女性をメインターゲットとするGU。

同じファーストリテイリングの2つのブランドで、十分にジョギングウェアが揃うんですね。

ちなみにレディースウェアでanimaというブランドもオススメです!

こちらの記事をご覧ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓

ジョギングもおしゃれに!レディースウェアのオススメはanima!?

ジョギングのウェアは高いと思っていても、このことが分かればすぐにでもウェアを買いに行きたくなりませんか?

そう、思い立ったが吉日。

さっそくウェアを揃えて、ジョギングにチャレンジしてみませんか?

マラソンウェアに関する他の記事も参考にどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓

冬場のマラソンやトレーニングで女性にオススメの服装は?

マラソン・ランニング初心者にオススメの服装は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする