冬場のマラソンやトレーニングで女性にオススメの服装は?

冬はマラソンの本番シーズンです!

でもいくらマラソンが趣味の方でも、冬の寒さはこたえますよね。

準備運動をしても中々体が温まらなくて辛いことも。

また、体温の変化が激しい為に何を着るか悩む季節でもあります。

できれば暖かく、冬でも身軽に快適に走りたいですよね!

今回は冬のマラソン・トレーニングが快適になる服装のコツをご紹介します!

私が実際に色々試した結果、おススメしたいウエアやお役立ちアイテムをピックアップ。

また、寒さに弱い女性におススメな情報もお伝えします!

さらにマラソン大会で実際に使用したおススメなアイテム使用法もご紹介。

トレーニングでも利用できるので最後まで読んで参考にして下さいね!

冬場のトレーニングで快適な服装

冬の服装で一番悩むのがインナーとアウターですよね。

では冬の快適なトレーニングウエアのポイントについてご説明しますね!

まずは、インナーについてお話します。

ポイントは「保温性」と「速乾性」

寒さに対抗するには保温性は必須条件。

おススメは吸湿発熱素材のインナー。

その理由は発熱・保温機能です!

スポンサーリンク

肌からは常に微量の水分が出ています。

吸湿発熱素材はその水分に反応して熱を生み出すのです!

着て少し動くだけで体がポカポカしてきます。

また持続的に発熱する為、常に体は暖かい状態。

これなら寒い朝や夜間のトレーニングでも安心ですね!

そしてもう一つの大事なポイント、速乾性。

冬は重ね着をする為、ウエアの中が蒸れやすくなりがち。

汗で体温が下がってしまうし、汗の臭いも増してしまいます。

でも、吸湿発熱素材だと蒸れそうな感じがしますよね。

実は吸湿発熱素材でも速乾性に優れたインナーはたくさんあるんですよ。

選ぶ際は必ず速乾性をチェックして下さいね。

次におススメアウターについてご説明しますね。

ポイントは3つ、軽さ・防風・換気です。

そこでおススメなのがウインドブレーカーです。

理由はウインドブレーカーは軽くて、換気機能がついているからです。

両サイドのポケット以外にファスナーが付いているのを見たことはありませんか?

それが換気機能=ベンチレーションなんです。

汗をかいてきたらファスナーを開けて中の熱を逃がします。

着たままで微妙な体温調節が出来るのでとても便利。

ぜひ、ベンチレーションがついているものを選んでみて下さいね!

ベンチレーションとはこんな物です

ダウンロード

そしてなるべく防風性が高い素材かチェックして下さい。

解らなければ、お店の店員さんに聞くことをおススメします。

冷たい風は急速に体温を奪うので重要ポイントです。

防風性の良し悪しで体感温度が全く違いますよ。

トレーニングの服装ポイントはお分かりいただけましたか?

次は更にポカポカになる、便利なアイテムをご紹介します!

便利な冬のお役立ちアイテムとは?

最低限用意したいものは2つ。

まずは手袋。

走り始めは手先が冷えていますよね。

手先が冷えていると体温の上昇を妨げます。

体温が低いままだと筋肉を傷めやすくなってしまうんです。

体を動かす前に付けておきましょう。

次にネックウォーマー。

寒さが入ってくるのは首元から。

ネックウォーマーで首元を守れば保温効果は抜群。

タオルでもいいですが保温性はネックウォーマーの方が高いです。

また暑くなってきたらヘアバンドにもできるので便利ですよ!

ちなみにGUならマラソンウェアを安く揃えることが出来ます!

これで寒さ対策の服装はバッチリ。

でも、もう一つ紹介したいアイテムがあるんです。

冷え性が多い女性は足元の寒さも気になりますよね。

ここで、女性におススメのアイテムをご紹介します。

女性におススメのあったかアイテムとは?

それはレッグウォーマーです!

ひざから下を覆う位の長さのものがおススメです。

女性は筋肉量が少ない為手足が温まりにくいもの。

でも足首・ふくらはぎを温めると全身の血行が促進され体温の上昇が早められます。

長い靴下をはくよりも、暑くなれば途中で脱げるから便利です。

今はオシャレなレッグウォーマーもたくさんありますよね。

コーディネートのワンポイントにして楽しむのもおススメです!

さて、ここまではトレーニングの服装ポイントをご紹介してきました。

でも、身軽な服装で走るマラソン大会の寒さ対策はどうすればいいのでしょうか?

それでは私が試して本当に役に立ったアイテムと使用方法をご紹介します!

冬のマラソン大会で本当に役に立つアイテムとは?

それはアームウォーマーです!

アームウォーマーは長めのモノが便利です。

寒い時は伸ばして温まってきたら縮めて体温調節ができます。

暑くなってきたら、パンツにはさんでおきます。

でもそれで役目は終わりではなく、レース後半でも使用します。

なぜなら後半で体温が低下してしまうんです!

フルマラソンでの疲労のピークは30km地点位から。

疲れが溜まって思うように脚が動かなくなってきます。

すると温まっていた体も徐々に冷えてきてしまいます。

体が冷えると動きも悪くなりスピードも落ちます。

そこで、アームウォーマーや手袋などを装着して体の温度を上げましょう!

これを行うと行わないではラストスパートの走りが違います。

ぜひ、大会に出場する際は覚えておいてくださいね!

冬の寒さ対策はいかがでしたか?

ぜひ試してみて寒い冬を快適に乗り切って下さいね!

また、コチラの記事もオススメです!

↓↓↓↓↓↓↓↓

ジョギングもおしゃれに!レディースウェアのオススメはanima!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする