マラソン風景のキレイな写真を撮り方を解説!デジカメとスマホの違いは?

アナタは大事な人や応援したい人のマラソン姿を撮りたいと思いませんか?

躍動感あふれる「奇跡の一枚」を撮れたら嬉しいですよね!

キレイな写真を撮るにはコツを知る必要があります。

今回は誰でも出来る「魅せる」写真の撮り方のコツをご紹介します。

難しいことは全くナシ。

カメラだけではなくスマホの撮影ポイントも解説していきます。

最後まで読めば、人に見せたくなる写真を撮れるようになれますよ!

写真はスマホで十分?やっぱりデジカメ?

「やっぱり写真はカメラで撮るのが一番」

「スマホでもデジカメ同様の写真が撮れる」

さて、一体どちらが本当なのでしょうか?

まずはよく使うスマホのカメラ機能とカメラの違いを抑えておきましょう!

スポンサーリンク

一般的な違いを大まかに説明します。

1.レンズの大きさ

2.シャッター時間

3.ズーム機能

ではこの3つを簡単に解説していきますね。

1.レンズの大きさ

キレイな写真を撮るには光を十分に取り込む必要があります。

レンズが大きい程たくさん光を集められます。

光が少ない暗所での撮影はレンズの大きいカメラの方が適しています。

2.シャッター時間

一般的に「光を貯める時間=シャッター時間」と言います。

カメラは0.00秒台とかなり短く、スマホは1秒以上かかります。

なぜこれ程違うかと言うと、レンズの大きさです。

レンズが小さいと一度に取り込む光の量が少ない。

光を取込む為にはシャッターを押してから撮影までの時間を長くする必要があります。

問題はこの時間が長くなれば手ブレが発生しやすい。

スマホでの撮影がブレやすいのはこのシャッター時間が長いからです。

それに比べカメラは瞬時に撮影できる為ブレにくいと言えます。

3.ズーム機能

ズーム機能について知らない人も多いと思います。

まずは【光学ズーム】【デジタルズーム】の2つを簡単に説明しますね。

光学ズームとは?

レンズの焦点距離を変えて、虫眼鏡ようにモノを拡大するズーム。

レンズが対象に近寄っていき、画質が劣化されず撮影できます。

一般的なカメラはこのズームが使われています。

デジタルズームとは?

写真の中心部分を切り取って引き伸ばすズーム。

一部を切り取って拡大する為どうしても画像が荒くなります。

スマホはデジタルズームが一般的です。

大まかなカメラとスマホの違いを解っていただけましたか?

この違いを見るとカメラの方がキレイに撮れそうですよね。

確かに機能はカメラの方がいいですがスマホは便利。

できるならスマホでもキレイに失敗せずに撮りたいですよね。

これにはちょっとした秘訣があります。

ここでスマホで撮る時の撮影前のコツをご説明します。

デジタル一眼カメラとスマホのカメラを比較した動画

失敗せずにキレイにスマホ写真を撮る秘訣とは?

①カメラレンズを拭くクセをつける!

スマホのレンズには非常に汚れがつきやすい。

ハンカチや服でもいいので拭きましょう!

②画質の設定

一番高画質に設定しておきましょう。

サイズは大きくなりますが後で小さくする事はいくらでもできます。

元の画像は高画質で!

③ズームを使わない!

スマホはデジタルズームなので、ズームをすると画質が荒くなり、ボケます。

ボケた写真は後から直しようがありません。

ズーム機能に頼らないようにしましょう!

④フラッシュをオートにしない。

スマホのフラッシュの白いLEDライトは思っているより強い光です。

事前に試し撮りをしてフラッシュが必要かどうか必ず確認しましょう。

スマホで撮る場合はこの4つを思い出して下さいね!

では、マラソン大会の写真の撮り方のコツをご紹介していきます!

マラソン大会で感動の一枚を撮る方法とは?

走るランナーを撮るにはシャッターのタイミングが命。

でもランナーが通り過ぎるのは一瞬。

シャッターチャンス逃すと取り返しがつきません。

キレイに失敗せずに撮るポイントは、連写です。

カメラのシャッター速度は高速に設定します。

スマホで撮影される方は連写機能を使います。

機能が無い方はカメラアプリを使いましょう。

シャッターのタイミングは10m以上手前!

ランナーが目の前を通り過ぎるまで撮り続けます。

そして、もう一つ大事なポイントがあります。

では、最後にそのポイントをご説明致しますね!

ブレずにキレイに撮れる写真の撮り方とは?

動く被写体の撮影はどうしてもブレやすいですよね。

これは、カメラでもスマホでも変わりません。

ブレない為のポイントは、撮影の時の姿勢です。

脇を締めた状態で手は動かさずに体を動かしましょう。

被写体の動きに合わせて腰から動くイメージです。

こうすると上半身がぐらつかずレンズの位置が安定します。

脚から動くと体全体が揺れるので、腰を中心にして下さいね!

いかがでしたか?

ここでご紹介した方法は色々なシーンで応用できます。

実践してみて、あなたの写真レベルをアップさせて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする