ウォーキングとランニングの消費カロリーってどのくらいなの?

せっかく運動してダイエットするなら、

やっぱり効率よくやせたいですよね。

ウォーキングのほうが長くできそうだけど、

ランニングのほうが効率がいいならそっちの方がいいの?

自分に合った方法で、無理なく続けるために、

それぞれの長所や短所をしっかりおさえて、

運動するようにしたいものですね。

ウォーキングって実際どうなの?

ここで言うウォーキングとは、

通常の歩行よりも速いウォーキング(約5.7~6.0km/時)

想定していくことにします。

ウォーキング

体への負担を考えると、

もちろんジョギングよりも少ないです。

すでに体のどこかに持病などがある場合は、

ウォーキングのほうが無理なくできるでしょう。

体重50kgの人が行った場合に消費するカロリーは、

100kcalほどです。

もちろんジョギングよりも負担が少ない分、

続けやすいですし、

生活習慣病の予防や、

運動不足の解消に効果がみられるでしょう。

肝心のダイエット効果は、

脂肪燃焼効果と、基礎代謝の向上があげられます。

ジョギングの消費カロリーなどは?

ここで言うジョギングは、

一般的な速度のジョギング(約7.0/時)とします。

ジョギング

体への負担は、ウォーキングに比べて大きく、

膝・かかと・循環器系などに負担がかかりやすいです。

無理は決してせず、毎日ではなく休み休み行うようにしましょう。

体重50kgの人が行った場合で考えると、

消費するカロリーは175kcalほどです。

スポンサーリンク

慣れれば続けやすくなりますし、

生活習慣病の予防に加え、

持久力のアップも見込めます。

ダイエット効果としては、ウォーキングと同じく、

脂肪燃焼効果と、基礎代謝も向上します。

脂肪が燃えやすいのは?

ウォーキングもジョギングも、有酸素運動なので、

脂肪燃焼効果があります。

ただ、ジョギングは、慣れていない場合に注意しなければならないのが、

無理に速く走るなどすると、無酸素運動に近づいてしまうことです。

脂肪燃焼

さらに、脂肪を燃やすためには、

運動を始めてから15~20分かかります。

脂肪が燃え始める15分以降から、

運動を長く続けることによって、

脂肪をたくさん燃焼させることができます。

ですので、脂肪燃焼のためには30分以上の運動が必要です。

ウォーキングとジョギング、どちらがいいの?

ジョギングは、慣れていなければ、

30分以上もの長い時間を継続するのは難しいでしょう。

無理をして速く走ったりして息を切らせると、

無酸素運動になってしまうので、よけいに効果もうすれます。

どっち?

これを踏まえると、初心者や運動不足気味の方等は、

ジョギングよりもウォーキングのほうが適していると考えられます。

ウォーキングから始めて、

運動不足を解消しつつ、体力や筋力を高めてから、

ジョギングに徐々に移行して行くのがスムーズでしょう。

無理してジョギングを続けると、ケガや事故の原因となります。

続けられなくなっては元も子もないので、

無理だけは避けましょう。

ウォーキング、ジョギングは、

ともに高い脂肪燃焼効果が期待できる運動です。

しかし、その効果は無理なく続けることで得られるものです。

事故やケガには充分気をつけて、

運動にまだ慣れていない人は、

無理をせず、まずはウォーキングから始めましょう!

また、両方を組み合わせるのも効果的です。

自分の体と相談して、適した運動を試して、

続けられるようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする