青島太平洋マラソン2014!神秘的なコースをあなたも走る?

マラソン大会がたくさん行われる12月。

今や誰もが知るところとなった宮崎県でも、

今年で第28回目となる、青島太平洋マラソンが開催されます!

青島太平洋マラソン

2014年大会の選手の募集はすでに終了していますが、

参加される方は今一度、コースなどの確認をしておきましょう。

来年参加してみようかな、という方にも、

有為な情報をお伝えしますね。

古事記編纂1300年を迎える神話の国

古事記の舞台として、「神話の国、宮崎」といわれる

この土地では、

神話ロマンを感じることのできるコース設計となっています。

スポンサーリンク

いにしえの神々が祀られている宮崎神宮と、

青島神社の間を走る、「神にいだかれたコース」。

数あるマラソン大会の中でも、

神秘的なランニングのできそうな大会ですね!

2014年の青島太平洋マラソンのコースの特徴

青島太平洋マラソン、略して「アオタイ」。

この大会のコースの特徴のひとつは、

市内中心部であることです。

メインストリートが歩行者天国ならぬ、

ランナー天国となり、

普段とは違った街の様子がうかがえます。

青島太平洋マラソン

また、沿道には観客や、

高校生の元気な応援がいたるところで待っています。

たくさんの応援と、ボランティアの皆さんの心遣いが、

とても光る大会といえますね。

マラソンに適した条件

九州南部に位置する宮崎県。

おだやかで安定した気候で、

大会開催の時期でも、平均気温13.8度と、

マラソンの条件としては最適です。

とても走りやすい環境なので、

初心者でも苦しむということはなさそうですね。

また、街中のコースということもあってか、

高低差は少なく、とてもフラットなコースです。

景観も美しく、走りやすい要因のひとつですね。

青島太平洋マラソンコースの要所

スタートは、宮崎県総合運動公園です。

サンマリンスタジアムの外周をスタートします。

実は、このサンマリンスタジアムというのを命名したのは、

プロ野球で多大な功績を残した、長島茂雄氏。

野球ファンにはちょっと嬉しい情報ですね。

宮崎県総合運動公園

10km地点の少し先では、宮崎の母なる川、大淀川があります。

ここにかかる橘橋をわたると、

メインストリートである橘通りへと通じます。

力強い声援に迎えられること間違い無しですよ!

少し行くと、宮崎の新しい観光名所ともいえる、

宮崎県庁の前を通ります。

楠並木が美しく、森林浴をしながら気持ち良く走り抜けられます。

神話と景色を感じられる終盤のコース

宮崎神宮で折り返して、総合運動公園を通り過ぎると、

青島神社まで一直線。

この神社は青島の中央に位置し、

海幸山幸の神話で知られる、縁結びのやしろです。

青島神社

参道の手前が折り返し地点。

おまいりしたい方は、

マラソンが終わってからになりそうですね。

そして、太平洋・青島ビーチをのぞめる、

トロピカルロードを走ります。

いよいよ終盤で一番の踏ん張りどころですが、

素晴らしく綺麗な景色を横目に走っていると、

疲れも吹っ飛ぶようですね。

3km・10kmのコース

3kmマラソンにエントリーした方は、

総合運動公園の敷地内のコースとなります。

景色や神話を感じながら楽しみたい方は、

次回こそ是非フルマラソンに挑戦してみましょう!

10kmのコースは、総合運動公園と、

トロピカルロードを走るコースです。

大淀川や宮崎県庁方面へは行けませんが、

充分に宮崎の素晴らしい自然を楽しめそうですね。

トロピカルロード 青島

数あるマラソンの中でも、

南国宮崎だからこその最適な気温や条件。

神話の国宮崎だからこその神秘の体感。

マラソン好きな方なら、

是非一度は参加してみたい大会です!

日南鶏やマンゴーも楽しめる宮崎に、

この機会に訪れてみるのはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする