桐生堀マラソン2015年の日程やエントリーは?

マラソン愛好家がどんどん増えています。

私の身近にも何人かランナーがいますが、
楽しみ方はホントに人それぞれですね。

いくつかの大会に絞って出場して、
タイム向上にひたすら打ち込む人。

旅行がてら全国のマラソン大会を回って
大会ごとの特色を楽しむ人。

中には、大会参加者に配られる
記念Tシャツをコレクションするのが
楽しみ、という人も。

この記念Tシャツが話題になっている
マラソン大会、「桐生堀マラソン」
ご紹介しましょう。

桐生堀マラソンって?

群馬県桐生市で毎年開催され、
来年は第61回を迎える桐生堀マラソン。

「堀」は桐生市の体育協会初代会長だった
堀祐平氏の業績を称えてつけられました。

さて、ご紹介した記念Tシャツですが、
一般の部の参加賞として配られるのが、
なんと高橋盾さんデザインなんですよ!

高橋盾さんといえばアンダーカバーの
デザイナーとしてあまりにも有名ですね。

桐生堀マラソン

2014年のTシャツ

出身がここ桐生市で、さらにご自身も
マラソンを楽しまれるということで、
前回に引き続き、今回もデザインを
手がけています。

やはり話題のTシャツらしく、

「今年もTシャツは高橋盾さんの
デザインですか?」

と、いう問い合わせが多いそうですよ。

アンダーカバーのファンならずとも、
欲しくなっちゃう1枚ですね!

参加方法・エントリーは?

次回は2015年2月8日(日)開催!
11月14日(金)まで申込受付中です。

参加料は、一般の部のハーフマラソンと
10kmの部がそれぞれ3,000円、
一般の部5kmが2,500円です。

また小学生・中学生・高校生と
ファミリーの部は500円となっています。

申込方法はインターネットや郵便振替、
大会事務局の窓口への直接申込などが
あります。

マラソンは基本的に雨天決行ですが、
前回はなんと大雪に見舞われて中止に!

桐生堀マラソン 雪

今回は無事に開催されるといいですね。

どんなコースなの?

スタート地点は新川公園です。

市の中心にありながら閑静なこの公園は、
もともと桐生球場という野球場だったそう。

スポンサーリンク


この桐生球場を建設するために
私財を投じたのが、このマラソンの
名前の由来である堀祐平氏なんです。

公園を出てしばらくで左折したあとは
広く賑やかな本町通りを走り、
折り返して再び新川公園に戻るコースです。

整備された道を走る市街地コースなので
初心者でも参加しやすいマラソンとして
とても人気があります。

制限時間はあるの?

参加資格として、ハーフの部は2時間以内、
10kmの部は1時間15分以内で走れることが
条件となっています。

また今年から、ハーフの他に
10kmにも関門所が設けられました。

ハーフは18km地点の関門所を
1時間50分以内に通過すること。

10kmは7km地点の関門所を
1時間5分以内に通過すること。

時間内に通過できない場合は、
ここでラン終了となりますので
ご注意を!

残念ながら中止となった前回は、
高橋盾さんデザインのTシャツが
話題となったこともあり
エントリーが1万人を超えた
このマラソン大会。

伝統ある大会なので、マラソン初心者も
安心して参加できますよ。

まずは時間制限のないファミリー部門から
参加してみるのもいいかも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする