篠山ABCマラソン2015!時間制限は?アクセスは?

西日本最大級の市民マラソンといえば
篠山ABCマラソンです。

定員1万人の大規模大会であり、
毎年早いうちに満員となってしまう
全国的にも大人気なこのマラソン。

どんな魅力があるのか探ってみました。
篠山ABCマラソン、人気の理由は?
まずはゲストランナーが豪華!

篠山ABCマラソン ゲストランナー

朝日放送が主催なので、朝の帯番組と
連動した多彩なゲストが毎回参加します。

ちなみに前回は、有森裕子さんはじめ
野々村真さん、にしおかすみこさん、
丹波篠山ふるさと大使の熊谷奈美さんなどが
一般ランナーとともに走りました。

みなさん本気の走りで、好タイムでの
ゴールとなったようです。

ナビゲーターとして、お笑いコンビ
かつみ♡さゆりさんも応援に駆けつけました。

今大会、有森裕子さん以外の
ゲストランナーは未定とのこと。

どんなゲストランナーが参戦するのか
今からすごく楽しみですね!

沿道の応援があったかい!

城下町の風情やのどかな田園風景を
楽しめるコースも、都市マラソンとは
違った雰囲気が味わえると人気です。

ただどうしても景色が単調になりがち。
それを十分カバーしてくれるのが
地元篠山市のみなさんの応援です。

コース最初の急坂付近にある中学校では
生徒さんの元気な声援が背中を
押してくれます。

スポンサーリンク


さらに進むと、今度は高校での
ブラスバンド演奏が出迎えてくれます。

こういった応援、実はとても大変。

ランナーが味わえるのは前を通り過ぎる
一瞬でしかないけれど、応援する側は
すべてのランナーを見送るまで
1時間以上かかるのです。

また、コース途中やゴール付近では
地元名物のしし汁がふるまわれます。

まだ肌寒い季節、走り疲れた体に
ちょうどいい温かさと塩分が大好評。

これを楽しみに毎年参加している
ランナーもいるそうですよ。

また公設の給水や果物などのほかにも
沿道の住民の方々が私設で差し入れを
準備していることもあります。

関西ならではの気さくな人柄と
心温まる応援も、人気の理由の
ひとつに違いない!

アクセス手段もバッチリ!

関西最大級の大会だけあって、
会場との往復も京阪神各地から
専用バスが用意されています。

大阪・新大阪・三ノ宮・姫路・京都の
各JR駅前から「マラソンバス」を運行。

篠山ABCマラソン マラソンバス

往復3,500円で、大会エントリー時に
同時に申し込むことができます。

会場周辺は道も駐車場も混雑するし、
なにより疲れた帰り道に運転するのは
つらいもの。

バスならその点ゆっくりできるので
安心ですね!

2015年大会の概要は?

今回35回目を迎える篠山ABCマラソンは、
2015年3月1日(日)開催です。

一般参加のエントリー期間は
11月4日(火)正午~20日(木)。

参加費は5,100円となっています。

申込方法はインターネットサイトに加え、
今回からファミリーマート店頭端末での
申込も可能になりました。

受付開始時刻が正午という設定も、
すべての申込方法で公平を期すためとか。

いかに参加の競争率が高いかが
うかがえますね~。

とにかく大人気の大会のため、早めの申込を
オススメします。

時間制限はあるの?

まず5時間10分以内にゴールしないと
未完走扱いとなってしまい、
完走者に渡されるメダルがもらえなく
なるので注意が必要です。

その他5か所の関門があり、決まった時刻に
閉鎖されます。

閉鎖後の走行は一切認められませんので
こちらもご注意を。

大規模な大会ですが、スタッフさんや
地元住民さんたちの細やかな心遣いが
人気のこのマラソン。

体力とタイムに自信のある方、ぜひ
参加してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする