函館ハーフマラソンコースの特徴や攻略法は?

毎年秋に行われていた函館ハーフマラソン。

images (1)

2015年から初夏に時期を変え、コースも少し変えて開催されるのをご存知ですか?

2016年からはフルマラソンも同時開催されることが決まり、走る楽しみが増えますね!

今年のゲストランナーには函館観光大使の福島和可菜さん!

招待選手は16人、箱根駅伝で優勝した青山学院大学の神野大地選手も走るとの情報も!!

今年も目が離せない、函館ハーフマラソンです。

今年の大会どう変わる?

今年の開催は6月28日。

函館市千代台公園陸上競技場を午前8時にスタート。

フィニッシュになるのは去年までと同じです。

images (2)

季節が初夏になり、爽やかな天候のもとで走れるんじゃないか、なんて期待も膨らみます!

images (3)

ハーフマラソンのコースは来年開催予定のフルマラソンと共用するコース。

そのために一部の区間が変更になっています。

アップダウンがちょっとありましたが、そこが変更の結果全体として前よりフラットになっています。

コースの特徴は?

千代台公園陸上競技場の中を約1周走ってからマラソンゲートをくぐり函館市街地へ。

最初の4kmくらいの間に少しアップダウンがありますが、そのあとはほとんどが平坦な走りやすいコースでしょう!

images (4)

6kmを過ぎて津軽海峡に面した漁火通りに出ると爽やかな海風が都会暮らしのストレスを癒してくれます。

images (5)

漁火通りを湯の川温泉の旅館が立ち並んでいる所まで走るとそこが第一折り返し地点に。

折り返しを過ぎると函館山に向かって走ります。

images (6)

途中、この町に住んだ歌人の石川啄木の坐像のある啄木小公園の横を通過となりますが、ゆっくり見ているわけにはいきませんよ!

ボーっと見とれて第二折り返しを間違えると大変ですからね~(笑)

images (7)

第二折り返し地点は函館公園途中の、青柳町電停の手前です。

ここがコースの中で一番きつい登りになりますが距離も短いし標高差も10mくらいなので頑張りどころ!

images (8)

残りは6kmくらいの平坦なコース。

気が付けばフィニッシュ地点の陸上競技場にゴールです!

スポンサーリンク

どこが変わった、新コースってどんな感じ?

新コースとして「たたき台」が発表されましたね!

これは2016年から始まるフルマラソンと共用するために、よりフラットで走りやすく変えたコースの事なんです。

images (9)

ガソリンスタンドを右折して高砂通りに入るのは去年までと同じ。

しかし新コースでは高砂通りから左折して中島廉売に通り抜けて住宅街の中を走ります。

この区間は応援する人との距離が近くて盛り上がるんじゃないかなぁ、と思います。

images (9)-mrk

地元の声援って、ホント力になりますよね!

駒場小学校の角を右折して自衛隊通りを走り、左折で漁火通りに入ります。

images (10)

ここからは去年までと同じです。

ずいぶんフラットな感じに!

これならマイベストタイムがでるかも、なんて期待しちゃいましたか?

第二折り返し地点の青柳町電停の手前が少し急な登りになりますが、あまりここの距離は長くない模様です。

images (11)

フルマラソンを見据えたコース変更で走りやすくなったと感じですね!

制限タイムが2時間30分ですからトレーニングで時間を計っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする