伊達ももの里マラソン2015のコース攻略法は?

毎年うなぎ上りの参加人数となっている大会

「伊達ももの里マラソン」

あなたは昨年参加されましたか?

今年初参加でしょうか?

images (1)

毎年、真夏の炎天下での開催になっているのは御存知でしょうか?

知らなかったじゃぁすまされません(笑)

距離は10キロとは言っても暑さ対策しなければ完走すらならない可能性も!?

人気の高い大会ではありますが事前に知って欲しい事が盛り沢山な内容でいきたいと思います!

まずはコースを事前にチェック!

公式ホームページやブログなどでも、かなりの方が

「比較的平坦で走り易い」と書いています。

そうなんですコース自体は、そんなに難しくないようなんですね!

日本陸連公認コースにもなっているので初心者さんでも安心!!

images (2)

簡単にコースの説明ですが

保原中央公民館発着の折り返しコースとなっています。

そして市街地、住宅街、官庁前を走り田園や果樹園などの、のどかな風景を楽しみながらの変化を楽しめるコースなのが特徴なんですね!

images (3)

それと大切な情報が!

今年の10キロコースは一部変更があるようなので公式ホームページなどで確認はしておきましょう。

コースの所々には

給水ポイント→6ヶ所

シャワー→4ヶ所

エイド→バナナ、レモン用意されてます

images (5)

あと個人的にスイカの差し入れもあるとの情報も!

コース的には、あまり問題ない感じと思いきや・・

この大会には大問題?が1つあるのです!

それは気温の上昇!!

伊達市は盆地の為、夏はとても暑いのです。

昨年の大会は24℃と大変、楽なようでしたが、毎年そうは言ってられません!

ほぼ30℃を超えると考えておいた方が賢明のようです!!

images (4)

では、この暑さ、どう乗り越えればいいのか、次で考えていきましょう。

スポンサーリンク

コース攻略は暑さ対策がカギ!

スタート前から暑さがやってくる、そう考えておいた方がよさそうです。

軽くアップしただけで汗でビッショリなんて状態です・・

想像してみましょう、その状態でスタート開始となったら、どうなるのか?

真夏でのトレーニングされてるあなた、他の真夏のレースに参加した経験のあるあなたならわかるかと思います!

事前にコースチェックなども大切ですが給水ポイント、エイドなど熱中症対策は十二分に考えておいた方がよさそうです。

日陰もほとんどないコースです。

images (7)

ジリジリ照りつける太陽の下を走らなければならいのでスタートからゴールまで、ほぼ暑さとの戦いと言っても過言ではないでしょう!

初心者ランナーほど熱中症にかかりやすいとの話もあります。

そこで、水分補給はもちろんなのですが「かぶり水」も積極的に行いましょう!

腕、首、頭などシャワーが4ヶ所設置されていますよね。

必ず、使って下さい!

images (6)

「直接体を冷やす」これポイントになりますから忘れないように!!

伊達マラソンに関する記事はこちらでも紹介しています。

こちらもオススメです。

↓        ↓        ↓       ↓       ↓

伊達ももの里マラソン 前夜祭 駐車場 完了

完走を目標としているならば暑さ対策が最もポイントとなる大会。

事前の熱中症対策はチェック必須条件です。

そして給水所やエイドだけに頼らずに自分でも用意するものはキチンと準備して挑みたい大会です。

くれぐれも救急車などの、お世話になったなんて悲しい思い出だけは作らないように気を付けて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする