初心者でも5分で分かる正しいランニングフォームとは?

こんにちは!

ランニングを日課としている方やこれから始めてみようと思っている方!

みなさんはきっとシューズやウエアなどの関心は高いかと思います。

images (1)

しかし、ランニングフォームを意識したことってありますか?

実はフォームが悪いために、腰痛や膝痛になってしまう人が多いんです!

逆に言うと、フォームさえ直せばそんな痛みから解放されるかもしれない、ということです。

今回は、そんなランニングフォームについて考えたいと思います!

悪いフォームの原因は◯◯!

ランニングフォームは体の歪みと大きく関係が!

体のバランスが崩れたままで走ると、その歪みが膝や腰などに負担をかけてしまうのです。

左右のバランスが均衡になるとフォームも安定し、結果的にバランスのとれた走りができるようになり、体への負担が軽減します。

フォームを改善するためにはまず、体の歪みを矯正することがとても重要です。

images (2)

自己流フォームになっていませんか?

初めてランニングをするようになった時、みなさんは専門家やマラソン教室のレクチャーを受けたりしましたか?

実は、手軽さもあって、走ることの予備知識がないままにランニングを始めてしまう人がとても多いんです。

ストレッチもせずに突然走っていませんか?

ちゃんとランニングシューズを履いていますか?

images (5)

ストレッチは体の柔軟性を高めてケガを予防するだけでなく、体の歪みを矯正する役割も担っています。

柔軟や基本的な準備運動に加えて腹筋背筋を行うと、その効果はさらに高まります。

ラジオ体操なども効果的です。

ランニングシューズもとっても大事です。

骨格や筋肉のことを考えた走る専用の靴ですから、普通のスニーカーなどに比べて足腰への負担は軽減されます。

経験年数なども踏まえて、自分にあったランニングシューズを購入しましょう。

スポンサーリンク

正しいフォームって?

ここでは特に重要な5つのポイントをご紹介!

images (3)

鏡に全身を映し、自分のフォームが見える様にすると良いでしょう。

事前にストレッチを行って体の歪みを矯正すると、より良いですね!

1.目線は遠くに

身長の6〜7倍先のあたりに目線を向けて走りましょう。

足元を見ながら走ると、体が前のめりになってしまうので重心が崩れてしまします。

2.肩をリラックス

肩全体の力を抜きましょう。

ハンガーの丸みを背中に意識するといいですよ。

胸は張りすぎないように。

3.土踏まずから爪先

走る時、体重を土踏まずの後ろあたりからと爪先まで、しっかりと移動させるようにしましょう。

親指と人差し指の付け根の間あたりを意識し、最後はしっかり蹴り上げます。

この時膝も一緒に動かし、足にまっすぐ体重を乗せましょう。

4.腕の振り方

体の左右を意識し、その中心ラインにむかって肘から腕を振り上げます。

重心がぶれてしまうので、決して腕を曲げ伸ばししてはいけません。

肘の骨を前後に動かす感覚が大切です。

5.全体重を片足に乗せる

足を交互に踏み出す時、必ず前に出す足に全体重を乗せましょう。

この時、後ろに残った反対側の足は、体重がかからなくなるので浮き上がります。

浮き上がった瞬間にその足を前に出し、3の様に体重移動をさせていきます。

images (4)

どうでしょうか?

自分のフォームが崩れているのに気づけたのではないでしょうか?

日常生活の中で体は歪むものですが、日常的に意識することで矯正は可能です。

フォームを改善することで、マラソンのタイムが縮んだり、脂肪燃焼が促進されて痩せやすくなったりしますよ。

体の歪みを矯正し、正しいランニングフォームを意識して、健康な体を目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする