マラソン 大会前日に失敗しない過ごし方とは?睡眠やトレーニングはどうすれば?

何事も本番前は緊張するもの!

誰だって頑張ってきた成果を出せるか緊張しますよね。

images (1)

マラソンだって同じこと。

今までどおりやればいいことは分かっています。

しかし、どうすればいい結果につながるのでしょう?

今回は前日の過ごし方と睡眠についてのお話し。

これを見れば当日にバッチリ結果を出せるのは間違いなし!?

まずはタイムスケジュールの確認

何時に起きる→何時に家を出る→何時の電車に乗る。

images (2)

そうです当日のタイムスケジュールを描いてみましょう!

当日全体のイメージをしておけば、気持ちも楽に!!

images (3)

人間慌てると、いいことはありません・・

大会当日、朝からバタバタすれば、それだけでリズムは狂ってしまうもの!

何事も前日までのチェック&準備は必須条件ですよ。

もちろん、電車の乗り継ぎ、会場までの行き方、荷物などのチェックも忘れずに!

前日に用意できることは、前日にしてしまいましょう。

準備バッチリなら当日は余裕を持ってスタート時間までたっぷりアップも出来ちゃいますしね。

あるマラソン大会前日の様子です。

こういう動画でイメージしてみるのもいいですね!

モチベーションアップにも繋がると思うので良かったら参考にして下さい。

前日のトレーニングは不要!?

不安や気負いから、なにかしたくなる気持ちは分かります。

しかし前日までがむしゃらになってトレーニングは厳禁です!

大会当日に疲労を残さない為。

ベテランランナーさんだったら、これはもう常識!

前日は思い切って何もしない人がほとんどなんですよ。

前日よりも、もっと前からトレーニング休止しちゃう、なんて人もいるほど。

どうしても気持ちが落ち着かないと感じたら軽いウォーキング程度で行って下さいね!

当日にベストな体調を持ってくる為です。

しかしストレッチは充分に時間をかけて行いましょう。

リラックス効果もあります。

images (4)

全身をくまなくストレッチして、気持ちいい範囲で伸ばしておきましょう。

忘れがちなのが上半身のストレッチ!

ポイントは肩・背中・胸。

マラソンは、どうしても上半身が同じ姿勢になりがちなスポーツです。

なので、ほぐして動きやすくを心掛けましょう!

イメージトレーニングはしっかりと!

マラソンの前日はイメージトレーニングをしましょう!

颯爽と走る自分、リズムよく両足が出て快調に走り進める自分、目標タイムを達成した自分を想像するのです。

レース終了後のお楽しみ?その土地の名産を食べることまでイメージしちゃいましょう(笑)

スポンサーリンク

睡眠ってどのくらいとればいいの?

7~8時間、たっぷり眠る事が重要ですよ!

スタート前から逆算して、4時間前には起きたいところ。

さらに逆算して、そこから8時間前には横になりましょう。

いつも寝ている時間と違うと感じた、あなた!

大会初参加なら1週間いやそれ以上前から不規則な生活は正しましょう。

規則正しい生活もランナーにとっては必須条件の1つとなるんですよ!

それでも緊張や不安で眠れないかもしれません・・・

でも大丈夫!!

横になっているだけでも体は休んでいます。

images (5)

必要以上に眠れないと考え混むのは止めましょう!

とにかくリラックス!!

眠れない~と思うと負のスパイラル、余計眠れないものです。

朝まで一睡も出来なかったなんてならないように(笑)

筋弛緩法でぐっすり眠る!

images (6)

とは言うものの、やっぱり質の良い睡眠をとりたいのが誰でも思うところ!

そこで、ぐっすり眠るための方法があるんです。

筋弛緩法って知ってますか?

images (7)

心や体の緊張を解きほぐす為に、とぉ~っても効果的なのであります!

では、実際のやり方、説明しますね。

まず布団に入ったら横になっている状態で、手のひらを握って右腕全体に力を込めます。

5~7秒力を込めたら、ふっと力を抜く。

力を抜いて10秒ほどたったら、また繰り返します。

これを右腕⇒左腕⇒右足⇒左足⇒お腹の順で行ってみて下さい。

各3回ほど行うことをオススメします。

順番は必ずこれでなくても構いません。

一度に両腕行ってもいいですし、上半身と下半身に分けてもいいです。

あえて体に緊張を与えて、それから緩和させる。

これを繰り返すことによって、寝る前に筋肉を緩める事が可能となります。

ちなみにストレッチポールを使った筋肉のほぐしも効果あるんですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする