柏崎潮風マラソン2015!高低差がヤバイ!?コース攻略の為に事前チェックを!

今年も初夏の訪れとともにやってきます!

「柏崎潮風マラソン」

別名、山岳マラソンとも呼ばれている、鉄人レースと言っても過言ではないかもしれません。

images

この大会、サブ4、サブ3のようにタイムを狙う、あなたには厳しい可能性も!

初参加であれば、まずは完走を目標にしましょう!

それだけ厳しい大会という事を頭に入れて参加して下さい。

かなり不安にさせてしまった、おわび?にチョットでも不安解消につながる様に優し~くコース紹介させて頂きますね!

優しくコース紹介しても現実は変わらないのですが・・(笑)

柏崎潮風マラソンとは?

皆さん知ってましたか?

この柏崎潮風マラソンは開催当初参加人数50人数前後の小規模な大会だったんです。

それが何年も続き柏崎市民の皆さんの熱意が市民ランナーに伝わり大会も徐々に盛り上がり現在に至っているんですね~!

今や全国区となった大会です。

北は北海道、南は沖縄まで日本各地からランナーが集結しています!

今や名物となった地元の声援も、とっても高評価!

疲れた心に笑いと癒しを与えてくれ最後まで完走出来ちゃうんです!

この大会のキャッチフレーズは

「応援します!最後のランナーまで」のとおり1人1人に対する声援が本当に凄いです!

「戻ってこいよ~」なんて大会会場から山の山頂まで響き渡る声援はランナーの心に印象深く残るでしょう。

images (1)

こんな感じで応援も至るところで行われていて応援を楽しみながら走っていたら気が付けばゴールなんて人も続出なんです!

どんな応援かと言えば・・それは現地に行ってからのお楽しみ!!

どうですか?少しは初参加のあなたの不安は解消されましたか?

大会概要です!

5月17日(日)に開催が決定されています。

カウントダウンが始まってますね~!

参加ランナーの、あなたは調整はバッチリですか?

会場:柏崎市西港町みなとまち海浜公園

会場ですが柏崎の海浜公園は結構広いんですよ!

当日慌てて出て行って受付場所が分からない~なんて迷子にならない様に気を付けて下さいね(笑)

あと受付気を付けましょう!

当日の申し込み受付いたしませんとなってますね。

それと申し込み開始日前の申し込みは全て無効とも書いてありますから申し込み&エントリーの再確認しておきましょう。

スポンサーリンク

気になるコースと高低差!

冒頭でもお話ししましたが別名山岳レースとも呼ばれている、この大会。

気になるのは、やはり高低差!

images (2)

その辺も含めながら紹介していきますね。

スタートから3キロ地点

スタートは、みなとまち海浜公園です。

images (10)

この区間は割と平坦なコースで潮風を受けながら気持ち良く走れるでしょう!

3キロから4.5キロ地点

浜茶屋が併設しています。

日本海も右手には見え、ここまでが潮風を感じながら走れるコース。

少し先を進むと大会名物「鯨の地下道」が待っていますよ!

images (6)

しかし、ココは追い越し禁止区間でもありますからペースの崩れが心配な区間でもあるところ。

地下道は階段になっているのでランナーにはチョット危険なんて噂も・・

とにかくケガに気を付けたいポイントでもあります!

4.5キロから8キロ地点

ここからですよ!

少しずつ上りに入っていくので、いよいよ山岳レースの始まりともなるでしょう。

前半の難所とも言われてるんです!

8キロ地点の峠へ向かう事になりますが、ここまでの高低差、約90m!

8キロから9.5キロ地点

ここまで来ると今度は急な下り坂の始まり。

約1.5キロ下る事になります。

一気に駆け下りると後からのダメージがチョット気になるところ。

ここは後の事も計算しながら走りたい区間。

9.5キロから16キロ地点

ここまで来ると田園風景と正面には黒姫山がお出迎えとなります。

少し上りを感じるかもしれませんが、のどかな風景が、それを感じさせずに走り抜ける事が出来るでしょう!

そして地元の方達の個性的な応援に思わず元気と笑いを貰える区間でもありますよ!!

images (4)

16キロから17キロ地点

ここは中盤での難所、急な上り坂が出現します!

高低差は約600mの間で50m!

ダウンロード (1)

この辛い区間でも素敵な!?応援団がお待ちかねの可能性も。

17キロから18.5キロ地点

今度は下り坂です。

下りが終わると約300mのトンネルがあります。

ここを抜けると、すり鉢状の普段、都会では見れない美しい田園風景が待ってますよ!

18キロから20.5キロ地点

田園風景、約1キロ直線コースですが進みます。

ここは、しばらく平坦なコースが続くでしょう。

ここでもまたまた地元の方の熱い声援がお待ちかねの予感です!

images (5)

ここまで来ると第1関門とチェックポイント。

折り返しから、緩やかではありますが下りが、しばらく続きます。

23.5キロから25キロ地点

標高差なんと25mの上りとトンネルのお待ちかね区間。

25キロから32キロ地点

ここから約2キロの下りです。

そして第2関門もあります。

約5キロの下りが続きますが、ココは多少アップダウンを感じる区間となるでしょう!

32キロから34キロ地点

最大の難所と呼ばれる上り坂の登場!

これ1.5キロ続くんです!!

images (8)

34キロから38キロ地点

多少のアップダウンと長い下りに入ります。

この下りですが途中急な感じを受けるかもしれません!

ペースに気を付け足元注意です!!

最終関門も待ってますよ。

38キロからゴール

ここで、またまた「鯨の地下道」に入ります。

最初に話しましたね、階段になっていますと!

アップダウンの激しいコースを走り続けた足の負担は相当なハズ!!

足元、要注意で1歩1歩、確実に進みたいところです。

ゴールは赤い絨毯が待ってますよ!

images (9)

最高の笑顔を準備して絨毯へ進みましょう(笑)

高低差&コースの攻略!

上り下りの激しいコースとなっているのが、わかって頂けたでしょうか?

ここで、上りと下りの走り方&コツについてチョットお話ししようと思います。

初参加のあなた、よぉ~く見て参考にして下さいね!

最初にスタートの号砲が鳴っても一気にダッシュするのは禁物!

飛び出したい気持ち、とぉ~っても分かります!

でもココは抑え気味にスタートしましょう。

周りのランナーのオーバーペースにつられて決してスピードはあげない様に気を付けて欲しいところ。

これまでトレーニングして来た自分のペースを守って走って下さいね!

そして上りです。

上りというのは正直、箱根駅伝の選手のように鍛え抜いた方でもキツイと感じる程大変なコースなんです。

坂を上がって行く為には身体を重力に逆らって持ち上げることが必要。

そして視線は3~5M先に向けて。

この時、体全体は前傾姿勢で地面に体重を乗せるように足を運んでいきましょう!

次に下り。

平地と同じように足を降り出すとストライドは伸びる事になるんです。

なので着地面が低くなるために脚にかかる衝撃はかなりもの。

そこでダメージを極力減らす走り方をしましょう!

適度な前傾姿勢とピッチ走法、行って下さい。

そしてアップダウンの続くコースでは前半にイーブンペースが守れない可能性もあります。

前半、上りで周囲のランナーに抜かれても決して焦らず筋肉に負担をかけない走りで疲労蓄積を最小限に抑えましょう!

途中で予定タイムよりかなり遅れてる・・なんて思っても無理なペースアップは行わない!

終盤に待っているアップダウンで失速につながるなんて事は大いに考えられますから。

いかがでしたでしょうか?

海あり山ありの最高のロケーションが待っている柏崎潮風マラソン。

しかし、そんな美しい景色を堪能できる余裕があるのかどうかは日々のトレーニングに係っています!

ここは夕日も美しい場所としてもチョット有名!

レース終了後は美しい夕日と美味しい地魚もまってますから、頑張って難所と言われるポイント乗り越えて完走しましょう!!

それとゴール間際には赤い絨毯が待ってますから最高の笑顔が出来る様に「笑顔の練習」も忘れないで下さいね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする