マラソントレーニングメニュー何から始める?オススメは何?

マラソンブームにのって

市民マラソンに出てみたいな

そう思っている人もいるでしょう。

マラソン トレーニング

出場するからには完走目指したい、

そのためにはトレーニングが必要ですね。

どんなトレーニングをすれば良いか

調べてみました。

マラソンを始める前に

 

マラソン大会に出場するからには

完走したいですよね。

今までマラソンをしたことない人が

いきなり42,195キロを

走り抜くなんてそう簡単ではありません。

スポンサーリンク

まずは42,195キロを走り抜くのだという

強い意思をもって

練習やトレーニングにのぞみましょう。

トレーニング 何から始めたらいいの?

 

走るのがマラソンだといっても

今まで走ってなかった人が

いきなり長距離を走るのは無理な話。

まずは筋力トレーニングを行います。

まずは身体のウォーミングアップ。

せまい場所でもできるスクワットを行ってみます。

スクワット

最初から頑張らずに

5回くらいを気長に毎日行いましょう。

次のステップに進んでも

スクワットならいつでもどこでもできます。

身体が慣れてきたら?

 

少し足腰が慣れてきたら

上半身も動かしてみます。

スクワットも続けながら

腕立て伏せをしてみましょう。

腕立て伏せも無理せずに

一日10回くらいからはじめてみるのがよいですね。

腕立て伏せ

水泳などを定期的に行っている人は

全身運動で体力作りに効果的です。

持久力をつけるためには?

 

マラソンは長い時間走ります。

そのためには持久力が必要です。

トレーニングも少し長い時間行って

持久力を養いましょう。

30分から45分、一時間と

次第に身体を動かす時間を伸ばしていきます。

マラソン トレーニング

この時も無理は禁物。

身体に異常を感じたら休む日も必要です。

近所の公園や歩道などを走ることも始めます。

走る時間も少しづつ伸ばしていき

自分のペースをつかみます。

追い込み期間のトレーニングは?

 

出場予定の大会が1ヶ月ほどにせまったら

トレーニングを強化するよりも

今までのペースを維持しながら

距離を伸ばしていきます。

まずは体力を本番までキープしたいので

無理をしない程度に

走る距離も本番の半分程度に抑えます。

タイムを計って

目安にするのもいいですね。

マラソン トレーニング

本番1週間前には

トレーニングの量もおさえながら

前日は疲労回復につとめます。

本番前に体力を使いきってしまわないように

ベストコンディションで本番にのぞみたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする