東京喜多マラソンの参加賞が素晴らしい!?コースも攻略して楽しく参加しよう!

エントリーまだ間に合います!

今年も「東京喜多マラソン」開催されますね~!

images9

年に2回、新春にも行われている大会でもあります。

この大会の趣旨は初心者さんからベテランランナーさんまで幅広い層を参加対象にしている懐の広ぉ~い大会です。

しかし初心者さんにはチョット厳しいなんて声もあったり・・

なぜなのか今回、大会の詳しい内容とともにその理由について探ってみたいと思います!

エントリーについて

まだエントリー可能という事で大会概要のお話しの前に確認しておきましょう!

申し込み期間ですが4月30日までです。

どうしようか迷ってる、そこのあなた、カウントダウンが始まっています!

迷ってる暇はありません!

今すぐエントリーしちゃいましょう。

種目→フルマラソン・ハーフマラソン・10キロとなっています。

参加料金→フル・ハーフ:5500円・10キロ:5000円です。

参加資格もありますね!

フルマラソン→小学生以上!大人な顔負けのランナーもいるとの噂が・・

ハーフマラソ→小学生以上

10キロ→小学生以上

全て小学生以上なら参加可能という事ですね。

チビッ子ランナーの走りに期待出来ますね!

images3

ベテランランナーさん小学生に負けてられませんよ!!

誰でも参加可能な感じのする大会ではありますが制限時間がありますね。

どういう事かと言うと

フルマラソンは6時間以内で走れる方

ハーフマラソンは2時間45分以内で走れる方

10キロは1時間20分以内で走れる方

この規定をクリアしている方だけが参加可能なんですね!

今エントリーを迷っているあなたは制限時間はクリアしてますか?

ここまでで、あれ?と思った人もいるかもしれませんね!

そうなんです、参加料金は値上がりしてます。

そして制限時間は、どの種目も緩~くなってますね。

とくに注目はフルマラソンです!

新春の大会は4時間30分の規定ですが6時間と大幅に長いんです!

これは今まで完走経験が少ない方でも完走の可能性が膨らんできましたね!

まだエントリー迷ってますか?

それとも制限時間を知って決断出来ましたか?

迷っている理由に初心者さんにはチョット厳しいなんて冒頭から話してしまったからでしょうか?

ではでは、なんでなのかコースの紹介とともに、その理由を探っていきましょう!

コース紹介!

会場は荒川河川敷。

川沿いのほぼ平坦なサイクリングコースを走ります。

images1

平坦ではありますが河川敷です。

基本的には風があると思った方がいいでしょう!

追い風となるか向かい風となるかは、その時の運。

神のみぞ知る!でしょうか?

タイムにも当然影響はあるかと思います。

まずは数百メートル下流に向かって走ります。

右手には荒川が流れていますが、その上流に向かって走るんですね!

ゴールまでは日陰が全くありません!

ダウンロード4

この大会が開催されるのは6月7日(日)です。

東京のこの時期、蒸し暑さは30℃を超える日もあります。

地面からの照り返しもあり暑さは相当なもの。

これが体力を奪います!

ここが、初心者さんにはチョット厳しいかもと話したポイントなんです!

体力には自信があるから大丈夫なんて思いましたか?

実際2~3キロ走って思った以上に暑さにやられてしまう人も続出なんです。

そうなんです、この大会、暑さとの戦いとも言えるんです!

平坦なコースをひたすら走り続け4キロ地点まで来ると前方に隅田川の水門が見えてきます。

ここが、このコースの難所とも言えるかもしれません。

水門があり土手に上がる為の坂があるんです。

ダウンロード5

暑さで体力を奪われた状態での上りは正直かなりキツイです!

水門を過ぎると折り返しです。

この時点でかなり体力は奪われている可能性もありますね。

そんな時は河川敷でBBQをしている人達を眺めてレースが終わったらビールが待ってる、なんて思いながら走りましょう!

水門を過ぎ5キロ地点で折り返しとなります。

この大会は往復周回コースとなっているのでフルマラソン参加の方は2周する事になってます。

images2

スポンサーリンク

完走する為には?

タイムを考えるよりも、まずは暑さに負けず最後まで走る事がポイントとなるこの大会。

実際フルマラソンでは1000人エントリーして600人完走失敗なんて年もあるんです!

初めての参加となれば、なおの事、暑さ対策はどうすればいいのか?

事前に対策が必要ですよ!

そこで必ず用意して欲しい物が日焼け止めクリーム。

女性の場合は美容面でも必需品ではありますが日焼けをすると体力も奪われるんだとか。

なので男性も日焼け止めクリーム?なんてバカにしないで必ず塗ってからの参加をオススメします!

そして大切なポイントととしてもう1点。

ウェア選びです。

熱を発散させるタイプのウェアを選びましょう!

軽装で吸汗速乾タイプの物が特にオススメです。

images6

あと、普段の規則正しい生活もバカにしてはいけません!

食事、睡眠、運動、この3点のバランスが良ければ体力も向上して暑さにも負けにくい体作りの強ぉ~い味方となってくれます。

ぜひとも参考にして暑さに負けず完走あるのみですよ!

気になる参加賞!

まずは受付時に参加賞として、いきなりランニング用リュックが登場です!

images7

布製のバッグの年もあります。

参加ランナーの評価は割れてますね~。

なぜなら大会名が入っているからです。

記念になるから嬉しいっていう人もいれば、大会名が入っているから普段は使えない、という意見に分かれてます。

あなたは、どっち派でしょう?

そして最後にはバナナ、リンゴ、スポーツドリンクなどももらえますよ!

img_28

新春の大会だけですが甘酒も振る舞われています。

これ、お変わり自由なんですよ!

こじんまりした大会とかシンプルな大会なんて感想を持つ方も多いんです。

しかし6月の大会は、かなりハード&ストイックな大会でもあるでしょう!

先ほども話しましたが、いかに暑さに負けないかがポイント!

毎年、完走出来ない人も必ずいるんですから、暑さ対策だけはキッチリと行って参加して下さい。

そして給水も重要!

公式ホームページで給水ポイントチェックしておきましょう。

初参加ならフルマラソンにいきなり参加せずに10キロからチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする