ハーフマラソンのタイム目安は?

マラソン大会の行われる季節がだんだんと近づいてきましたね!

今年から参加するっていう人も多いのではないでしょうか。

初心者がまず挑戦する種目は、ハーフマラソンが多いようです。

ハーフマラソン

いきなりフルマラソンを走るよりは、ハーフで自信をつけて挑むほうが確実に完走に近づけるでしょう。

まずはハーフマラソン完走に向けて、頑張ってみませんか?

ハーフマラソンに挑戦しよう!

初心者の長距離ランナーにとって、まず目標にしたいのがハーフマラソン。

マラソンの半分21.0975kmですが、余裕で走り終えるのは難しい距離です。

スポンサーリンク

10kmコースなどで慣れておくのも、とても大事なポイントです。

ですが練習すれば絶対に走れるようになりますから安心してくださいね!

いきなり走れるようにはなりませんが、少しずつ自信をつけて努力を重ねれば数か月後にはマラソンがとっても楽しくなっていること間違いなしです!

忘れてはいけないポイントは一つ、楽しんで走ることですよ♪

目標にするタイムはどのくらい?

ハーフマラソンをバランスよく着実に最後まで完走するためには、実際にどのくらいのタイムで走るのが理想なのでしょうか?

一番目安にしやすいのは、各マラソン大会の制限時間ですね。

緩い大会もありますし、逆もあります。

初心者がいつも通りに走って、約2時間以内に21.0975kmを走り終えることができれば上出来です。

ハーフマラソンが1時間40分以下だと上級者のレベルといえます!

自分に合った大会を選ぶ必要がありますね。

気を付けておきたいのは、ペースを保って最後まで走ることが大切だということです。

中には序盤に飛ばしすぎて終盤にペースが落ち込むタイムアウトになる人が結構いるようです!

練習する際にはまず10kmをどのくらいで走れるかを確認してから、15km、20kmと距離を増やしてランニングしてみましょう。

本番は練習の時と比べて、とっても緊張しますよね?

市民マラソンの意義はタイムだけではなく、完走できることにあると思います。

制限時間内に走ればオッケーですから、まずは完走を目指すのがベストですね!

自信を持って本番に臨めるようにしっかり計画を立てましょう。

適正体重を知って上手に走ろう!

皆さんはランニングすると、どのくらい体に負担がかかるか考えてみたことはありますか?

ハーフマラソンといっても、かなりの長距離になりますよね?

走った時に受ける足への負担は、なんと体重の約3倍だそうです!

それが約2時間続くと考えると、結構な負担になっているんですよ!

ということは体重が軽いほうが有利なのは一目瞭然です。

実際プロの選手などを見ると皆さん痩せている方ばかりですよね。

ただ闇雲に痩せればいいということでもありません。

体を支える骨、筋肉など基盤が長距離を走るのにはとっても大切。

BMIって知っていますか?

体重と身長から適正体重がわかる、指数のことをいいます。

自分の適正体重を知って上で、バランス良く体を作ることが必要です。

プロのランナー達はいわばランニング専用。

無理している分支障も出てきやすいのです。

そこまで追い込んでやるのは危険!

日々健康的に自分の体を作って、本番に臨むのが一番重要ですね。

おすすめのハーフマラソンコース!

初心者やこれからハーフマラソンにステップアップするランナーには、やっぱり走りやすいコースが一番!

まずコースの高低差が重要です。

もちろん起伏が少ないほうが楽!

逆に起伏が激しいととても辛いです。

ハーフマラソン

また参加人数が多い大会を選びましょう!

ベテランばっかりだとポツンと孤立して寂しい思いをすることも…。

大勢で走るのがマラソン大会の醍醐味でもありますからね♪

最後に制限時間がわりと長い大会。

同じレベルのランナーも集まるので、走りやすいと思いますよ!

参考までに有名なハーフマラソンの動画を載せておきます

上尾シティハーフマラソンの動画

国内では魅力的な大会がたくさんありますので、是非自分に最適なマラソン大会を探してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする